FC2ブログ
掲載情報一覧

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

Visited Counter

11/3のマイナー
今日のマイナーはいろいろ課題があって、長いです。
すべて、読む必要はありません。

本日は、来週の加藤旭杯に向けた練習試合でした。

ティーボールの試合もありましたが、うちのチームで、でた選手は、なかなか
動いていないボールは、打てないようです。(言い訳かな?)

IMG_1195.jpg


マイナーの成績です。
練習試合1試合目
仙台広瀬 1|0|0|0|0|| 1
若林    1|0|0|0|0|| 1
引き分け

練習試合2試合目
若林    3|0|3|0|1|| 7  
折立    0|0|1|5|0|| 6
勝ち

まだまだ課題は多いですが、負けてないです。
新規加入のコウセイ、ヒロトは、はじめはおっかなびっくりでしたが
だんだん自分の力を発揮しました。
はじめての試合で、いい当たりのヒットがそれぞれ出ました。
その調子!相手を負かそう!なんて思わなくていいよ!
打席に立つときや守っているときに、絶対自分のドキドキに負けない!というすごーい強い気持ちがあれば
それだけで、私は満点だと思ってます。
じぶんに負けるな!!

マイナーリーガー、なぜ声を出せと言われるのでしょうか?
声を出すとは、何をすればいいのでしょうか?

 声を出すとは、チーム内の友だちに自分の考えを伝える!ということだと思います。
 今日、アウトカウントを間違えて、アウトになったリーガーがいました。
 ほかのリーガーがワンナウトだぞ!ライナーフライバックだぞ!と言えば、そんな間違えはなくなると思います。

 野球では、9人+応援のリーガーの「勝ちたい!」という思いが勝ちと負けを決めるのだと思います。
 試合中は、お父さんお母さんなど応援の方は、みんなを応援して大きな声を出します。
 そうすると、普通の君たちの声では、みんなが試合中に伝えたいこと(たとえばセカンドに投げろ!)
 が聞こえなくなるかもしれません。
 9人と応援のリーガーで試合に勝つためには、やはり声が大きくないと伝わらないのかもしれません。

 ほかにも、一生懸命動いたのに、結果として間違った時には、間違ったことをした人は、「まずい!」と思い
 元気がなくなります。その時に、ほかの人も元気がなくなると、試合中に静かになっちゃいます。
 その時に鈴木コーチが『元気~出せ~!!』となるのです。

 鈴木コーチの『声出せ~』は、たぶん、『絶対できるぞー!信じてるぞー!いまが自分の気持ちに負けない時間だ!』
 という言葉なのかもしれません。

 今日これなかった、さく、まさ、あいはら、次は来いよ!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://55falcon.blog22.fc2.com/tb.php/237-61a32127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)